コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセス経路 あくせすけいろ

1件 の用語解説(アクセス経路の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクセス経路

目的のデータの保存場所に至るまでの経路のことで、パスとも呼ばれる。たとえば、ネットワークにおいては、データを要求したクライアントから、ネットワークを介し、実際にそのデータが保存されているサーバーフォルダまでの経路を指す。また、入出力での経路を指すこともある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクセス経路の関連キーワードランダムアクセスレイテンシー一次データ二次データ古今由緒データチェックハミルトンの経路データマ-ト大都市近郊区間内特例

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクセス経路の関連情報