コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチュビンスク Aktyubinsk

世界大百科事典 第2版の解説

アクチュビンスク【Aktyubinsk】

中央アジア,カザフスタン共和国北西部,同名州の州都。人口26万7000(1991)。ウラル川支流イレク川岸に位置する。1869年5月14日,アク・チュベ(カザフ語で白い丘の意)に小堡塁として建設され,91年よりトゥルガイ州の郡都。1899‐1905年のオレンブルグ・タシケント鉄道建設によってヨーロッパ・アジアの各地とつながる。国内戦期には革命勢力の一拠点となった。クロム合金,合金鋼,農業機械,レントゲン設備,食品などの工場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクチュビンスク
あくちゅびんすく
Актюбинск Aktyubinsk

中央アジア、カザフスタン共和国北中部アクチュベ州の州都アクチュベの旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクチュビンスクの関連キーワードアクトベ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android