アクチュビンスク(英語表記)Aktyubinsk

世界大百科事典 第2版の解説

アクチュビンスク【Aktyubinsk】

中央アジア,カザフスタン共和国北西部,同名州の州都。人口26万7000(1991)。ウラル川支流イレク川岸に位置する。1869年5月14日,アク・チュベ(カザフ語で白い丘の意)に小堡塁として建設され,91年よりトゥルガイ州の郡都。1899‐1905年のオレンブルグ・タシケント鉄道建設によってヨーロッパ・アジアの各地とつながる。国内戦期には革命勢力の一拠点となった。クロム合金,合金鋼,農業機械,レントゲン設備,食品などの工場がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクチュビンスク
あくちゅびんすく
Актюбинск Aktyubinsk

中央アジア、カザフスタン共和国北中部アクチュベ州の州都アクチュベの旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android