コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチュビンスク Aktyubinsk

2件 の用語解説(アクチュビンスクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アクチュビンスク【Aktyubinsk】

中央アジアカザフスタン共和国北西部,同名州の州都。人口26万7000(1991)。ウラル川支流イレク川岸に位置する。1869年5月14日,アク・チュベ(カザフ語で白い丘の意)に小堡塁として建設され,91年よりトゥルガイ州の郡都。1899‐1905年オレンブルグタシケント鉄道建設によってヨーロッパ・アジアの各地とつながる。国内戦期には革命勢力の一拠点となった。クロム合金,合金鋼,農業機械レントゲン設備,食品などの工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクチュビンスク
あくちゅびんすく
Актюбинск Aktyubinsk

中央アジア、カザフスタン共和国北中部アクチュベ州の州都アクチュベの旧称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクチュビンスクの関連キーワードウズベク族カザフシルダリア中央アジアトルキスタンフェルガナアクモラ伊犂Петропавловскカザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone