アクティブD-ライティング(読み)あくてぃぶでぃらいてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクティブD-ライティング

ニコン独自の画像補正技術で、輝度差の大きい被写体でも、コントラストを維持しながら見た目に近い撮影ができる機能。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

アクティブD-ライティング

 従来の D-ライティング は、撮影した画像を後から編集する機能だった。平成19(2007)年11月発売のD3とD300では、その「D-ライティング」に加え、撮影前に予め「強め」「標準」「弱め」(「しない」もある)の効果レベルを選択しておき、コントラストの強い撮影シーンでも人間の見た目のコントラストに近い描写を得られる機能を新搭載した。このアクティブD-ライティングによって、ハイライトの白とびは抑えられ、暗部の黒つぶれも軽減される。  この機能は、マルチパターン測光との組み合わせで使用する。まず、ハイライトの階調を生かす露出をカメラが決定して露光(D3ではシーン認識システムの「ハイライト解析」情報を適用して、より高精度に露出を決定する)。さらに、画像処理の過程で撮影した画像を解析し、黒くつぶれてしまう部分をデジタル処理で明るく再現する。デジタル処理は、「覆い焼き」のように必要な部分にだけ作用させられる。これが、トーンカーブのコントロールによる処理だけでは失われがちな局所的なコントラストを保つポイントだ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android