コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露出 ろしゅつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

露出

絞り値F1、シャッター速度1秒の場合の値を0とし、絶対的に決定する。露出を補正する場合は、+1、-3などの、相対的な数字で表わされる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろ‐しゅつ【露出】

[名](スル)
あらわれでること。また、あらわしだすこと。「岩が露出した山道」「肌を露出する」
マスメディア、特にテレビに取り上げられること。「各党ともテレビへの露出に気を使う」
カメラで、レンズのシャッターを開閉して、乾板・フィルムの感光膜や、CCDなどのイメージセンサーに光を当てること。露光

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

露出【ろしゅつ】

露光量を調節するために絞りやシャッターを設定すること。適正な写真像を得るためには適正露光が必要で,これは照射光の強さ,露光時間,写真感光材料の種類などによって決定され,カメラ撮影に際しては露出計で測定し,絞りとシャッター・スピードで露光量を調節する。
→関連項目露光

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

露出

 感光材料(フィルム印画紙)に光を当てることが元来の意味。しかし、現在では露出というと、 適正露出 を意味するようになった。露出は一般的に、シャッター速度(露出時間)、絞り値、感度で決まる。これはデジタルカメラも同じである。 ●参照 オーバーアンダー

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろしゅつ【露出 exposure】

写真撮影においてフィルム面に光を照射する目的でレンズの絞りを設定してシャッターを開閉する操作をいう。広義にはフィルム,印画紙などの感光材料に画像を作る目的で光,紫外線,X線などの放射を照射する操作をいう。一般写真撮影では露出条件を決めるには被写体からカメラレンズに入射する光量を光電式露出計で測って決めるが,近代の小型カメラではカメラに露出計が組み込まれて自動的に露出条件が設定されるものが多い。厳密には露出の操作によって写真感光材料の感光面が光で照射されることを露光というが,露光と露出の用語は厳密に区別しないで使われることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろしゅつ【露出】

( 名 ) スル
おおわずにあらわに出すこと。あらわになること。 「肌を-する」 「 -鉱床」
写真機で、シャッターを開いてフィルムや乾板に光を当てること。露光。 「 -時間」
マス-メディアなどに盛んに登場して、目に触れる機会が多いこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露出
ろしゅつ
exposure

デジタルカメラ撮像素子や,写真フィルム印画紙などの感光面に,一定時間の光を照射する操作。感光層が光で照射される場合を露光と呼ぶが,両者は厳密には区別されず,同一に使われることが多い。露出はカメラシャッター,レンズキャップあるいは照明光の点滅などで行なわれる。露出の状態について,露出過度露出オーバー),適正露出,露出不足(露出アンダー)の呼び方がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

露出の関連キーワードプログラムシャッターフラッシュメーターWエクスポージャースポット評価測光入射光式露出計反射光式露出計びらん(糜爛)中央重点測光ラチチュードマスメディアAEロックバックレス岩稜・巌稜電気露出計段階露出露出障害焼き込みメディア評価測光EI感度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露出の関連情報