アクロポリス〈リンドス〉(英語表記)Acropolis 〈Lindos〉

世界の観光地名がわかる事典の解説

アクロポリス〈リンドス〉【アクロポリス〈リンドス〉】
Acropolis 〈Lindos〉

アナトリア半島(小アジア)の西南端の沖合にあるギリシアのロードス島、東海岸中央部、リンドスの町の岬の突端、小高いリンドスの丘の上にある古代遺跡。同島の中心都市ロードス市から南へ50km弱、バスで1時間ほどのところにある。リンドスは、同島西岸のイアリソス、カミロスとともに古代ポリスがあった場所である。その中心がこの丘(アクロポリス)で、ドーリア式のアテネ神殿遺跡がある。また、聖パウロがロードス島を訪れた際に上陸したのがリンドスであったといわれていて、この丘には聖母マリア教会と聖パウロ教会がある。丘の上からは、眼下にリンドスの町並みが、また小アジア(トルコ領)を見渡すことができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android