コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクロポリス〈リンドス〉 アクロポリス〈リンドス〉Acropolis 〈Lindos〉

世界の観光地名がわかる事典の解説

アクロポリス〈リンドス〉【アクロポリス〈リンドス〉】
Acropolis 〈Lindos〉

アナトリア半島(小アジア)の西南端の沖合にあるギリシアのロードス島、東海岸中央部、リンドスの町の岬の突端、小高いリンドスの丘の上にある古代遺跡。同島の中心都市ロードス市から南へ50km弱、バスで1時間ほどのところにある。リンドスは、同島西岸のイアリソス、カミロスとともに古代ポリスがあった場所である。その中心がこの丘(アクロポリス)で、ドーリア式のアテネ神殿遺跡がある。また、聖パウロがロードス島を訪れた際に上陸したのがリンドスであったといわれていて、この丘には聖母マリア教会と聖パウロ教会がある。丘の上からは、眼下にリンドスの町並みが、また小アジア(トルコ領)を見渡すことができる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android