コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケロオス あけろおす

1件 の用語解説(アケロオスの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケロオス
あけろおす
Achelos

ギリシア神話の川神。また、アイトリアにある古代ギリシア最大の川。オリンポス以前の古い神々オケアノステテュスの子で、3000の川の兄弟の最年長者。太陽神ヘリオスと大地の神ガイアの子、または海神ポセイドンの子ともいわれる。知性の女神メルポメネと交わってセイレンたちを生み、またほかの女神ムーサたちとも交わり、ペイレネ、カスタリア、ディルケ、カリロエなどの多くの泉の父となった。オイネウスの娘デイアネイラとの結婚をめぐってヘラクレスと争い、さまざまな姿に身を変えたが、牡牛(おうし)に変身したときにヘラクレスがその角を折ったので娘を譲った。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアケロオスの言及

【川】より

…その数が3000といわれる地上の川はすべて,男神でもあるオケアノスが妹の水の女神テテュスTēthysを妻にめとって生ませた息子たちで,オケアニデスŌkeanidesと呼ばれるこれも3000人の水の精たちは,その姉妹とされていた。豊饒の源である反面で好色でもあり,自在な変身の能力をもつと見なされていた河神たちの性質は,その長兄ともいわれるアケロオスAchelōosに関する神話に特によく表れている。彼は牡牛や大蛇などさまざまなぶきみな姿をとって,カリュドンの王オイネウスのところにやって来ては,王女のデイアネイラにしつこく求婚していた。…

※「アケロオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone