コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡牛/雄牛 オウシ

世界大百科事典内の牡牛/雄牛の言及

【人面獣身像】より

…古来多くの文化に例を見るが,ここでは古代メソポタミアのものに限って記述する。メソポタミアでは超人間的な存在を具現化するために怪獣が創出され,前3千年紀後半のシュメール人の国家,初期王朝末期ごろから,人面と牡牛を組み合わせた像が円筒印章などに刻出された。これは《ギルガメシュ叙事詩》にあらわれる怪人エンキドゥEnkiduと解されている。…

※「牡牛/雄牛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牡牛/雄牛の関連キーワード釣り鐘星・釣鐘星ブルライディングパオロ ヤシビリ雨降り星・畢宿地のエレメントプレアデス星団トリプリシティヒアデス星団Tタウリ型星フィックスドミノタウロスアルデバラン特牛・牡牛人面獣身像差し向かふ羽賀 盛之前主系列星エレメントTタウリ星牝牛・雌牛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android