コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコースティック・ベース[acoustic bass] アコースティックベース

1件 の用語解説(アコースティック・ベース[acoustic bass]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

アコースティック・ベース[acoustic bass]

いわゆる生ベース(弦バス)。クラシックジャズアーティストに多く使用されている。ジャズやポップスで使用される場合は、立ってピチカート(Pizz)奏法で弾かれることが多いが、クラシック(オーケストラ等)では少し高い椅子に腰かけ弓で(アルコ)〔Arco〕弾くことが多い。コントラバス、ウッド・ベース、ダブル・ベース、アップライト・ベースとも呼ばれる

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アコースティック・ベース[acoustic bass]の関連キーワードクラシッククラシック音楽クラシックカークラシックバレエクラシックレースベーシッククラシックカメラセミクラシックメンズクラシックラシックス (lasix)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone