コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アザムガル Azamgarh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アザムガル
Azamgarh

インド北部,ウッタルプラデーシュ州東部の町。ガンジス平原中部。ワーラーナシの北方約 80kmに位置。 1665年ラージプートのアザム・カーンにより建設され,3方を川で囲まれているため,しばしば洪水の被害をこうむった。土地は肥沃で米,コムギサトウキビなどを産し,綿織物製糖が行われる。人口7万 8382 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android