コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・オリンピック評議会 アジアオリンピックひょうぎかいOlympic Council of Asia

世界大百科事典 第2版の解説

アジアオリンピックひょうぎかい【アジア・オリンピック評議会 Olympic Council of Asia】

オリンピック運動をアジアに広めることを目的とするアジアのスポーツ機構。略称OCA。1982年第9回アジア競技大会終了後,12月5日,ニューデリー(インド)で発足した。それまでのアジア競技連盟(AGF)を改組し,加盟国は43ヵ国(1997現在)で,それぞれの国内オリンピック委員会(NOC)で構成される。4年ごとにアジア競技大会を主催するほか,アジア諸国のスポーツ交流を促進する各種の事業を行う。【川本 信正】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアジア・オリンピック評議会の言及

【アジア競技大会】より

…原則として4年に1回,オリンピックの中間年に開催するIOC(国際オリンピック委員会)公認の地域競技会である。第9回大会(1982,インド)までは,アジア競技連盟Asian Games Federation(AGF)が主催したが,1982年末からAGFはアジア・オリンピック評議会Olympic Council of Asia(OCA)主催と改組された。第2次世界大戦前のアジアのスポーツ大会としては,極東選手権競技大会と西アジア競技大会の二つがあったが,戦後これを統合して全アジア的な大会を開こうとの動きがインド,フィリピンを中心に起こり,1948年ロンドンのオリンピックに参加したアジア諸国の話合いで結成が決まった。…

※「アジア・オリンピック評議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アジア・オリンピック評議会の関連キーワード2017冬季アジア札幌大会アジア・オリンピック評議会アジアビーチゲームズアジア冬季競技大会荻村 伊智朗小谷実可子eスポーツアジア大会

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジア・オリンピック評議会の関連情報