コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューデリー New Delhi

翻訳|New Delhi

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐デリー(New Delhi)

インド首都デリーに接し、中央政府直轄地区。1912~31年にかけ、英国領インドの政庁所在都市として建設された。人口行政区30万(2001)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ニューデリー

インドの首都デリー地区南部の官庁所在地。ヤムナー川右岸に位置。1911年英領インドの主都として建設を計画,1931年移転完了。連邦議会議事堂,諸官庁,博物館があり,歴史的な建造物の多いオールド・デリーと対照的。
→関連項目インドコンノート・プレース

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューデリー【New Delhi】

インド北部,デリー南南西に接する中央政府機関所在地。独自の市政管轄区域(43km2)をもつ。人口30万1000(1991)。1911年のカルカッタからデリーへの遷都宣言により,英領インドの新首都として建設が開始され,31年に完成した。大統領(旧総督)官邸,総合庁舎,議事堂からなる壮大な官庁複合体を西におき,そこから3km東のインド門(旧,第1次大戦記念門)に向けて幅350mのラージ・パトゥ(〈王の道〉の意。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ニューデリー【New Delhi】

インド北部、デリーの南隣に建設された政治都市。連邦議会議事堂、諸官庁がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューデリー

デリー連邦直轄地」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニューデリーの関連キーワードモンテック・シン アルワリアスヴェトラン ユナコビッチアジア・オリンピック評議会アジア・オリンピック評議会アジア・アフリカ作家会議アジア・アフリカ作家会議インドの産業大動脈構想E.L. ラッチェンスマイケル ラドフォードインド亜大陸三国協定デリーのフマユーン廟シャー・ルク カーン世界かんがい施設遺産印ソ平和友好協力条約ジョゼフ レリベルドクトゥブ・ミナールトゥグルカーバードコーベット国立公園アミタヴ ゴーシュムンバイのスラム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューデリーの関連情報