コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア競技大会 アジアきょうぎたいかい Asian Games

翻訳|Asian Games

9件 の用語解説(アジア競技大会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア競技大会
アジアきょうぎたいかい
Asian Games

アジア・オリンピック評議会 OCAが主催する国際オリンピック委員会 IOC公認の国際地域競技大会。原則4年に1度開催される。第2次世界大戦前に行なわれていた極東選手権競技大会と,西アジア競技大会が統合して復興したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

アジア競技大会

1913年〜34年まで、日本、フィリピン、中国の3カ国で極東選手権競技大会(The Far astern Championship Games)が行われていた。第2次大戦後、インドの提唱により、アジアの国々のための総合競技大会を開催することになり、第1回大会が1951年にインドのニューデリーで行われた。オリンピック開催の中間年に行われている。日本開催は第3回大会(東京:1958年)と第12回大会(広島:1994年)。セパタクロームエタイなど、オリンピック種目にはないアジアの伝統スポーツも多くあり、回を重ねるごとに人気が高まっている。第15回大会はアジア・オリンピック評議会(Olympic Council of Asia/OCA)に加盟する全45カ国・地域が参加し、2006年12月1〜15日、カタールドーハで開催された。また冬季競技でも、アジア冬季競技大会が1986年から行われ、第1回大会は札幌で開催。2003年2月には青森で第5回大会が行われた。第16回アジア競技大会は2010年に中国の広州市で開催される予定。

(真田久 筑波大学准教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アジア競技大会

アジア・オリンピック評議会(OCA)が主催するアジアの国際大会。1951年に始まり、原則4年に1度の開催。夏季大会は日本では58年に東京、94年に広島で開かれた。2014年の韓国・仁川大会は参加選手約1万人、観客数は150万人余。26年大会にはOCA加盟45カ国・地域から選手・関係者1万5千人が集まり、30以上の競技が行われると見込まれている。

(2016-09-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

アジア競技大会

アジア・オリンピック評議会(OCA)が主催するアジアの国際スポーツ大会。9月に2026年夏季大会の愛知県・名古屋市での開催が決まった。県と市は、OCA加盟45カ国・地域から選手・関係者1万5千人が集まり、36競技が行われると想定。開催費を850億円と試算し、公費投入の上限を600億円に設定した。夏季大会は1951年から原則4年に1度開かれており、日本では58年に東京、94年に広島で開催された。

(2016-12-11 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アジア‐きょうぎたいかい〔‐キヤウギタイクワイ〕【アジア競技大会】

アジア諸国の友好と平和促進とを目的としたスポーツ大会。第1回は1951年にインドで開催。原則としてオリンピックの中間年に行われる。主催はアジア‐オリンピック評議会。→アジア冬季競技大会

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アジア競技大会【アジアきょうぎたいかい】

国際オリンピック委員会(IOC)の公認するアジア地域の総合スポーツ大会。英語でAsian Games。第2次世界大戦前までは,極東選手権競技大会と西アジア競技大会の二つがあった。
→関連項目空手日本オリンピック委員会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アジアきょうぎたいかい【アジア競技大会 Asian Games】

アジア地域の総合スポーツ大会。原則として4年に1回,オリンピックの中間年に開催するIOC(国際オリンピック委員会)公認の地域競技会である。第9回大会(1982,インド)までは,アジア競技連盟Asian Games Federation(AGF)が主催したが,1982年末からAGFはアジア・オリンピック評議会Olympic Council of Asia(OCA)主催と改組された。第2次世界大戦前のアジアのスポーツ大会としては,極東選手権競技大会と西アジア競技大会の二つがあったが,戦後これを統合して全アジア的な大会を開こうとの動きがインド,フィリピンを中心に起こり,1948年ロンドンのオリンピックに参加したアジア諸国の話合いで結成が決まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アジアきょうぎたいかい【アジア競技大会】

アジア諸国が参加して行われるスポーツ競技大会。オリンピックの中間年に開催される。アジア大会。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア競技大会
あじあきょうぎたいかい
Asian Games

第二次世界大戦後、アジア諸国の友好と平和促進を目的として生まれたスポーツ大会。戦前の「極東選手権競技大会」と「西アジア競技会」が母体である。当時国際オリンピック委員会(IOC)委員であったソンディー(インド)の発案で、アジアオリンピック評議会(OCA)が大会を主催し、競技はIOC協賛のもと、すべてオリンピック精神に即して行われる。
 第1回大会は1951年インドのニュー・デリーで開催。アフガニスタン、ミャンマー(当時ビルマ)、インド、パキスタン、フィリピン、スリランカ(当時セイロン)、インドネシア、ネパール、タイ、シンガポール、イラン、シリア、イスラエル、日本の14か国、512人の選手、役員が参加。陸上、水泳、サッカー、バスケットボール、ウエイトリフティング、自転車の6競技が行われた。第2回大会は1954年フィリピンのマニラで開かれ、以後4年に1回、オリンピックの中間年開催と決まった。第3回大会は、オリンピック招致を意図していた東京で開催され、1958年(昭和33)20か国が参加し、新装の国立競技場を中心に、13競技が展開された。1962年の第4回ジャカルタ大会は、主催国インドネシアが政治的、宗教的理由から台湾(現在は中国台北の名のもとに加盟)とイスラエルの参加を拒否したことから紛糾し、国際陸上競技連盟、国際ウエイトリフティング連盟が同大会をボイコット、IOCは開催国停止処分を宣した。しかし、インドネシアは翌1963年3月、別にガネフォ(GANEFO、新興国競技大会)を結成、アジア大会に対抗したが、スカルノ大統領の失脚によりガネフォは消滅、インドネシアはIOC復権が認められ、アジアのスポーツ界は安定を取り戻した。
 第5回(1966)はタイのバンコクで平静裏に開催。第6回(1970)はソウル開催を決定していたが、韓国の国内事情により返上、ふたたびバンコクで開催された。第7回(1974)はイランのテヘランで開かれ、この大会では1952年以来国際スポーツ界から遠ざかっていた中国の初参加が注目を浴びた。参加選手団も25か国約3000人に膨れ上がった。アジア大会といえば日本のひとり舞台の感があったが、この大会では、初参加中国と地元イラン勢の活躍が目だち話題をまいた。第8回(1978)はシンガポール開催に決定後、同国の財政上の理由で返上、パキスタンのイスラマバードが引き受けたあと、これも国内事情から返上、結局、参加国が分担金負担ということで、三たびバンコクで開催。第9回(1982)はニュー・デリーで開催、第10回(1986)はソウル、第11回(1990)は北京(ペキン)、第12回(1994)は広島で開催された。第13回(1998)はバンコクでの四度目の開催、第14回(2002)は韓国の釜山(プサン)で開催されている。
 アジア大会はEVER ONWARD(限りない前進)の標語を掲げており、大会メインスタジアムにはアジア競技大会旗と並んで、オリンピックの五輪旗も翻る。五輪旗は、この大会がオリンピック地域大会としての性格をもつことを示すものである。[深川長郎]

その後の動き

第15回(2006)はカタールのドーハ、第16回(2010)は中国の広州(こうしゅう/コワンチョウ)で開催された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアジア競技大会の言及

【オリンピック】より

…IOCは,ヒトラー政府のユダヤ人迫害に抗議し,ベルリンで大会を開催する条件として,オリンピックに参加する選手,役員からユダヤ人を差別しないという誓約をヒトラー政府よりとりつけ,大会期間中,会場の内外で政治的な演説や政治的な標語の掲示を禁止した。62年,ジャカルタ(インドネシア)で,IOC協賛のアジア競技大会が開催されたとき,インドネシアのスカルノ政府は,親中国,親アラブの政治路線に従って,台湾とイスラエル選手団の入国を拒否した。IOCは,これを政治的差別として,インドネシアNOCの資格を63年4月まで停止した。…

※「アジア競技大会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アジア競技大会の関連キーワードフィリピン海フィリピン共産党比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染ナヨンピリピーノフィリピンと中国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア競技大会の関連情報