コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本 かわもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川本
かわもと

埼玉県北部,深谷市南東部の旧町域。荒川中流域の河岸段丘上にある。 1977年町制。 2006年深谷市,岡部町,花園町と合体して深谷市となった。野菜栽培,米作が行なわれるほかムギも栽培される。白草台地区に川本春日丘工業団地が造成されている。畠山重忠の墓がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かわもと【川本】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川本
かわもと

埼玉県北部、大里(おおさと)郡にあった旧町名(川本町(まち))。現在は深谷(ふかや)市の南東部を占める地域。旧川本町は1977年(昭和52)町制施行。2006年(平成18)深谷市に合併。旧町域中央を荒川が東流、両岸に沖積平野、その外側に洪積台地が広がる。秩父(ちちぶ)鉄道と国道140号が通る。桑園が広がり、養蚕と酪農が盛んであったが、養蚕は大幅に減少、野菜や花卉(かき)栽培が増加している。1959年の国営荒川中部農業水利事業、その後、県営の圃場(ほじょう)整備事業が行われ、農業の近代化が進んでいる。鎌倉時代の武将畠山重忠(はたけやましげただ)の墓や鹿島古墳群(県指定史跡)がある。なお、鹿島古墳群近くの荒川は、近年ハクチョウの飛来地となっている。[中山正民]
『『川本町史』(1989・川本町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の川本の言及

【川本[町]】より

…砂鉄採取とたたら製鉄が行われた地域で,たたら跡が数多く残る。中心地の川本は江の川舟運の中継地として発展し,1872年(明治5)に郡役所が置かれて以来,県の出先機関,金融機関などが集まる邑智郡の中心地で,郡内各方面へのバスが発着する。山林が多く,乳牛の飼育,タバコやシイタケの栽培が行われ,特産物に茶,アユがある。…

【川本宇之介】より

…障害児教育の功労者。兵庫県出身。東京大学文学部教育学科を卒業。1920年文部省に入り,盲聾教育,図書館,青少年団関係を担当,22年欧米盲聾教育の調査研究に派遣される。帰国後,日本聾口話普及会の設立(1925)など口話法の普及,発展に指導的役割を果たす。42年東京聾啞学校長に就任。第2次大戦後は,教育刷新委員会委員として特殊教育の義務化に貢献したほか,大学における盲聾教育などの教員養成課程の設置にも尽力。…

【川本幸民】より

…幕末の蘭学者。摂津三田藩医川本周安の三男。名は裕,字は幸民,号は裕軒。…

※「川本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川本の関連キーワードインフォメーションセンターかわもと飯田市川本喜八郎人形美術館島根県邑智郡川本町北佐木島根県邑智郡川本町久座仁島根県邑智郡川本町都賀行島根県邑智郡川本町馬野原島根県邑智郡川本町南佐木島根県邑智郡川本町三原島根県邑智郡川本町田窪島根県邑智郡川本町多田島根県邑智郡川本町因原島根県邑智郡川本町谷戸島根県邑智郡川本町小谷島根県邑智郡川本町川下島根県邑智郡川本町川本島根県邑智郡川本町湯谷島根県邑智郡川本町三俣島根県邑智郡川本町川内埼玉県深谷市本田川本半助(初代)

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川本の関連情報