コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュルン城 アジュルンジョウ

デジタル大辞泉の解説

アジュルン‐じょう〔‐ジヤウ〕【アジュルン城】

Qala'at Ajlun》ヨルダン北西部の都市アジュルンにある城塞跡。市街を見下ろす丘の上に位置する。12世紀末、アイユーブ朝の創始者サラディンの甥により、十字軍への防備のために建造。その後、13世紀にモンゴル軍の侵略により破壊されたが、マムルーク朝第5代スルターン、バイバルスにより修復された。同国を代表する中世アラブの軍事建築の一つとして知られる。カラートアジュルンカラートアルラバド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アジュルン城の関連キーワードアラード要塞サンジル要塞アラッド要塞バーレーン要塞

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android