コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジョワン油

栄養・生化学辞典の解説

アジョワン油

 [Corum copticum]という草の実を蒸留して得られる油で,α-ピネン,β-クメンなどを含み,去痰薬など,薬用に用いられる.インド料理でも使用.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアジョワン油の言及

【チモール】より

…特有の芳香をもつ無色の結晶で,融点51.5℃,沸点232.5℃。シソ科の植物タイムThymus vulgarisから得られるタイム油(タチジャコウソウ油),セリ科の植物アジョワンCarum ajowanから得られるアジョワン油の主成分である。エチルアルコール,エーテル,酢酸,クロロホルム,ベンゼンなどによく溶ける。…

※「アジョワン油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジョワン油の関連キーワードチモール

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android