薬用(読み)やくよう

精選版 日本国語大辞典「薬用」の解説

やく‐よう【薬用】

〘名〙
として用いること。薬に使用すること。
※口上覚書(陶山鈍翁遺著)(1712)下「其郷の薬用ならでは焼酒を造り不申」 〔史記‐倉公伝〕
② 薬を用いて治療すること。
※歌舞伎・四千両小判梅葉(1885)五幕返し「『然らばわれわれ両人も』『薬用(ヤクヨウ)いたすでござりませう』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薬用」の解説

やく‐よう【薬用】

薬として用いること。「薬用クリーム」
薬を用いて治療すること。
浪子は―に運動に細かに医師いしゃいましめを守りて」〈蘆花不如帰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android