コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去痰薬 きょたんやくexpectorants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

去痰薬
きょたんやく
expectorants

痰を出しやすくする薬。痰そのものを薄めて出しやすくするものと,刺激により咳嗽を促して,を喀出しやすくするものとがある。痰を喀出しやすくするものとしては,アンモニア重曹などのアルカリ剤による融解性去痰薬,カンゾウシャゼンソウなどの植物の粘性を応用して気道刺激を緩和する緩和去痰薬,サポニン剤 (セネガ根炭酸アンモニウム) などのような刺激性去痰薬がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょたん‐やく【去×痰薬】

気道の粘液の分泌を促進させたり、分泌物粘性を低下させたりして、痰の吐き出しを容易にする薬物(せき)を止める効果もある。去痰剤

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

去痰薬【きょたんやく】

気道にたまったを取り除く薬剤。気道粘膜の分泌を促して痰をうすめ,繊毛の動きを容易にする作用をもつ。二次的に(せき)をしずめるが鎮咳(ちんがい)薬とは異なる。
→関連項目遠志杏仁水鎮咳薬ドーフル散

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょたんやく【去痰薬 expectorant】

痰をはき出すのを容易にする薬。気道分泌を促進して痰をうすめるとともに気管支粘膜面を粘滑にして痰の排出を助けるものや,痰を溶解させ流動性を与えるものなどがある。昔から去痰薬として使われてきた薬は多いが,それらの臨床上の有効性や作用機序は必ずしも明確であるとはいえない。おもな去痰薬にはつぎのようなものがある。(1)咽頭喉頭および上部消化管粘膜を刺激して反射的に気道分泌を促進するといわれるもの セネガ根,遠志(おんじ)(イトヒメハギの根),桔梗(ききよう)などサポニン類を有効成分とするものや,車前草(オオバコ),桜皮などの非サポニン性配糖体を含むもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょたんやく【去痰薬】

痰の排出を促進し、呼吸をしやすくして二次的に咳せきを鎮める薬。吐根・セネガ・キキョウなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の去痰薬の言及

【鎮咳薬】より

…コデイン類は麻薬であるが,日本では家庭麻薬製剤という特例を設け1/100以下の含量で配剤することは許されている。一方去痰薬(きよたんやく)は,痰の排出を促進し,気道粘膜に対する刺激をやわらげて咳の発生を抑える。またアドレナリン,エフェドリンなどの気管支拡張薬は,気管支筋を弛緩させて内腔を広げ,痰の排出を容易にしたり咳の気流を減速したりして咳を弱める。…

※「去痰薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

去痰薬の関連キーワードフレイルチェスト(動揺胸郭/FC)クレゾールスルホン酸カリウム慢性閉塞性肺疾患(COPD)かぜ症候群(普通感冒)びまん性汎細気管支炎子どもの急性喉頭炎アセチルシステイン塵肺の治療と予防ヨウ化カリウムアジョワン油気管支拡張症紫苑・紫菀ユーカリ油睡眠改善薬プレコール気管支喘息中葉症候群ムコダインサボンソウ馬の鈴草

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

去痰薬の関連情報