アストラハン・ハーン国(読み)アストラハンハーンこく(英語表記)Astrakhān Khān

世界大百科事典 第2版の解説

アストラハンハーンこく【アストラハン・ハーン国 Astrakhān Khān】

キプチャク・ハーン国の継承国家の一つで,1466年カーシム・ハーンQāsim Khānがボルガ下流域に建国した(‐1556)。トルコ語ではAstırhan Han。住民の多くはトルコ・モンゴル系の遊牧民であったが,カスピ海北岸に位置する首都のアストラハンにはボルガ流域,カフカス,イラン,トルキスタンなどから多くの商人が訪れ,市は商業の中心地として発展した。しかし,ハーン国はクリム・ハーン国の干渉や内紛によって弱体化し,イワン4世(雷帝)の攻撃を受けて,1556年ロシアに併合された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android