コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊牧民 ゆうぼくみんnomad

翻訳|nomad

2件 の用語解説(遊牧民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊牧民
ゆうぼくみん
nomad

遊牧をしながら一定の牧草地帯を季節的に移動し,牧畜に依存して生活する民族。広義には定住地をもたず移動生活を送る民族全般をさし,原始的遊牧民,牧畜遊牧民,雑業的遊牧民に分けられる。狭義の牧畜遊牧民は,ユーラシアアフリカの広大な乾燥地域の各地にみられたが,灌漑の近代化・拡大によって遊牧民を定着化させる政策を進める国が増え,純粋に遊牧のみに従事する人口は急激に減少しつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の遊牧民の言及

【イスラム】より

…このことはウマル1世の用いたカリフの称号がムスリムたちのアミール(アミール・アルムスリミーン)でなく,ムーミンたちのアミール(アミール・アルムーミニーン)であったことによく示されている。コーラン49章14節に,〈遊牧民たちは“我々は信じるāmannā”と言っている。言ってやれ,“お前たちは信じていない。…

【砂漠】より

…また,排水設備の不十分な灌漑が行われた際の塩類化などがその例である(砂漠化防止については〈国連環境計画〉の項を参照)。乾燥地形【赤木 祥彦】
【生活と文化】
 都市や農村の生活は自然を克服して成り立つのに対して,遊牧民のそれは,自然に従属したものと考えられがちである。だが定住を許そうとしない過酷な自然条件の下で,家畜を伴って分け入り,人間の可住空間をきり開き拡大したこと自体,遊牧の民が見せる人間の知恵と適応力のすばらしさ,たくましさを示す何よりの証拠と言えよう。…

【中央アジア】より

…この極度の乾燥地帯である中央アジアで,人間が居住できたのは,南部の,ときに〈砂漠の中の島〉にたとえられるオアシスと,北部の広大な草原地帯,それに天山,ヒンドゥークシュなどの山々に点在する山間牧地に限られた。このうち,南部のオアシス地帯の住民が農耕定住民であったのに対し,北部の草原地帯と山間牧地の住人は遊牧民であった。すなわち中央アジアには,その地理的条件に対応して,北部の遊牧民と南部の定住民という,まったく生活様式を異にする2類型の人びとが居住しており,その意味では,中央アジアを〈草原とオアシスの世界〉とも呼ぶことができる。…

【肉食】より

…このような麦作の状態では,パンはとうてい主食になりようがなかった。 ただし,遊牧民族にせよヨーロッパ人にせよ,昔はなかなか肉食できなかった。牛や羊は1回に1頭しか出産しないし,とくに牛の場合,草だけで飼育すると,食べごろになるのに5~6年もかかる。…

【ベドウィン】より

…アラブ系遊牧民を指す。ベドウィンという呼称は,アラビア語の〈バドウbadw(バダウィー(男性形単数),バダウィーヤ(女性形単数))〉という語が,フランス人によりなまって発音されたのが始まりとされている。…

【モンゴリア】より

…森林は陰山山脈の北斜面のほか,モンゴル北部の山岳地帯に発達している。
[歴史]
 モンゴリアは遊牧民揺籃(ようらん)の地といわれるように古くから遊牧民族の活動舞台であった。その中でモンゴリアを初めて統一したのは匈奴である。…

【遊牧】より

…彼らは季節的に夏営地と冬営地を往復するため,少なくとも一方の住地に定住家屋をもち,他を出先地としてキャンプ住いしているのが一般である。 これに対し遊牧民というのは一所不定住,草を求めて不定期に移動するものを典型とする。当然彼らはテントなど移動住居をもって生活する。…

※「遊牧民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊牧民の関連情報