コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

 [EC2.6.1.1].グルタミン酸-オキサロ酢酸トランスアミナーゼともいう.アスパラギン酸アミノ基を2-オキソグルタル酸に転移し,グルタミン酸のアミノ基をオキサロ酢酸に転移する可逆反応を触媒する酵素.ピリドキサールリン酸を必要とする.肝炎,重傷などの場合に血中に急増する.近年臨床検査ではASTとする場合が多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの言及

【GOT】より

…グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼglutamic oxaloacetic transaminaseの略称。正式名はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ。下式に示す反応を触媒する血清酵素。…

※「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの関連キーワードトランスアミナーゼGOT(AST)肝機能検査法転移酵素GOT

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android