コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可逆反応 かぎゃくはんのう reversible reaction

6件 の用語解説(可逆反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可逆反応
かぎゃくはんのう
reversible reaction

化学反応においては原系から生成系へ向う反応を正反応,逆に生成系から原系へ向うものを逆反応といい,正反応と逆反応が同時に起る反応を可逆反応という。例として塩化アンモニウムヨウ化水素を加熱するときに起る次のような反応がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かぎゃく‐はんのう〔‐ハンオウ〕【可逆反応】

化学反応で、もとの物質から生成物ができる正反応と、生成物からもとの物質を生じる逆反応とが、同時に起こる反応。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

可逆反応【かぎゃくはんのう】

化学反応において,反応物質から生成物質ができる反応(正反応)と,その生成物質からもとの反応物質ができる反応(逆反応)が同時に起こるような反応をいう。すべての化学反応は可逆反応であるともいえるが,化学平衡が著しく一方にかたよっている場合を不可逆反応,そうでない場合を可逆反応として取り扱うのが普通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かぎゃくはんのう【可逆反応 reversible reaction】

化学反応において,原系から生成系に向かって正反応が進むと同時に,生成系から原系に向かう逆反応も起こる場合,その反応を可逆反応という。単純な反応はほとんど可逆反応であるが,平衡が著しく生成系にかたより逆反応が実質上ほとんど起こらない場合,不可逆反応irreversible reactionという。常温において水素と酸素から水を生成する反応は実質上不可逆反応である。複雑な反応では,卵タンパク質の熱凝固反応など不可逆反応の例がしばしばみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かぎゃくはんのう【可逆反応】

化学反応において、もとの物質から生成物ができる反応(正反応)と生成物からもとの物質ができる反応(逆反応)の二つの逆向きの反応が同時に起こるような反応。 → 化学平衡

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可逆反応
かぎゃくはんのう
reversible reaction

化学反応では、原系から生成系へと正方向に反応が進行(正反応)するが、同時に逆方向へも反応が進む(逆反応)ようなタイプの反応をいう。一般に、どんな反応でも十分時間がたてば化学平衡に達し、正反応の速度と逆反応の速度とが等しくなって、見かけ上、反応の進行は止まってしまう。厳密にいえば、すべての反応は可逆反応であり、片方向にしか進まない反応はないわけだが、この平衡が原系もしくは生成系のどちらかに極端にずれている場合は、見かけ上まったく反応が進まなかったり、あるいは全部反応して生成系のみになってしまう。これを不可逆反応という。これに対し、平衡がこのように極端にずれていない場合は、原系、生成系のモル濃度比がある一定比になったところで平衡に達する。たとえば、エタノールエチルアルコール)と酢酸からのエステル生成反応は、

原系物質の濃度が高ければ正方向に反応が進行し、生成系であるエステルの濃度が高ければ逆方向に反応が進行する。そしていずれも同じ組成比の平衡に達する。したがって、この反応は典型的な可逆反応ということができる。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可逆反応の関連キーワードオゾン化学発光平衡定数有機化学反応化学反応式化学方程式連続反応副生成物光化学系Ⅰ核化学方程式

可逆反応の関連情報