アズキサヤムシガ(読み)あずきさやむしが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズキサヤムシガ
あずきさやむしが / 小豆莢虫蛾
[学]Matsumuraeses phaseoli

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。はねの開張15ミリメートルぐらいの小形種で、日本全土および台湾、インドなどに分布する。1年に3~5回発生する。秋にソラマメ畑で羽化(うか)した成虫はソラマメに産卵する。孵化(ふか)した幼虫は、それを食べながら越冬するが、多くの場合、枯れ葉の中に潜って蛹(さなぎ)で越冬する。蛹は春に羽化して産卵する。春に孵化した幼虫は、ソラマメの茎、花、莢(さや)などのほか、フジ、インゲンマメなども食害する。ついでダイズ、ササゲ、アズキなどが栽培されるようになると、次の世代がこれらを食害する。食べ方はいろいろで、食べかすの葉芯(ようしん)をつづったり、葉片を汚く集めたり、茎に潜ったりする。秋に豆のできるころには豆も食べる。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアズキサヤムシガの言及

【ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)】より

…重要な害虫の一部をあげると次のとおりである。ナシヒメシンクイ(イラスト)(ナシ,リンゴ,モモなどの果実),クリミガ(クリの実),アズキサヤムシガ(ダイズ,アズキなどマメ科),マツズアカシンムシとマツツマアカシンムシ(マツの新梢)。【井上 寛】。…

※「アズキサヤムシガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android