コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタッカー アタッカーattacker

翻訳|attacker

2件 の用語解説(アタッカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アタッカー(attacker)

攻撃する人。特に、スポーツで、攻撃的な選手。「チームのアタッカー陣」
バレーボールで、スパイカーのこと。
[補説]2は日本語での用法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアタッカーの言及

【攻撃機】より

…地上目標(艦船,戦車,飛行場など)に対する攻撃を主目的とする軍用機で,航空母艦用の艦上攻撃機と近接地上支援用の陸上機型攻撃機の2種類に大別される。アメリカ軍ではこれらを総称してアタッカーattackerと呼んでいる。艦上攻撃機は海上機動部隊の打撃力の中核となる機種で,その主要な行動パターンは,敵のレーダー,対空砲火,戦闘機などによる種々の妨害をかわしながら,母艦より遠く離れた目標に迫り,これに爆弾,ミサイル,魚雷などで攻撃を加え,再び長い距離を飛んで母艦に帰投するという型をとる。…

【情報セキュリティ】より


【不正アクセス】
不正アクセスとは,システムを利用する者が,その者に与えられた権限によって許された行為以外の行為をネットワークを介して意図的に行うことと定義できる。 たとえば,侵入者(イントルーダーintruder)や攻撃者(アタッカーattacker)が企業,団体,個人などのシステムを権限もないのに不正に利用したり,運用を妨害したり,破壊(クラックcrack)したりすることである。このような行為を行うものを総称してクラッカーcrackerという。…

※「アタッカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アタッカーの関連情報