コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタックアングル attack angle

1件 の用語解説(アタックアングルの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

アタックアングル

グライダーが滑空していく方向に対し翼(キャノピー)はある程度、上向きになっているが、この時の角度をアタックアングルと言う。ブレークコードを引くとキャノピーの後縁が下に引かれアタックアングルは大きくなる。アクセルを踏むと前縁が下がりアタックアングルは小さくなる。飛行理論を説明する際、とても重要な意味を持つ。日本では迎え角(むかえかく)迎い角(むかいかく)また、仰角(ぎょうかく・げいかく)と色々言われ方をするが、アタックアングルとするか、または英語での言い方angle of attackと言ったほうが統一性があって良いかと思われる。

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone