コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシルコバラミン

栄養・生化学辞典の解説

アデノシルコバラミン

 デオキシアデノシルコバラミンともいう.ビタミンB12の補酵素型.ATPのアデノシル残基をミトコンドリアの酵素であるコバラミンアデノシルトランスフェラーゼ[EC2.5.1.17]がコバラミンに転移して生成.この酵素が欠損すると補酵素型のビタミンB12が生成せずメチルマロニルCoAムターゼが作用できなくて,メチルマロン酸血となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アデノシルコバラミンの関連キーワードコバラミンアデノシルトランスフェラーゼアデノシルコバラミン合成欠損症アデノシルコバラミン合成欠損アデノシルコバラミン合成障害ビタミンB12補酵素ビタミンB12発酵シアノコバラミンコバラミンB病ビタミンB12コバラミンA病コバルト補酵素コバラミン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android