アトラスセントールロケット(英語表記)Atlas Centour Launch Vehicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトラスセントールロケット
Atlas Centour Launch Vehicle

アメリカの商業衛星打上げ会社 (GDCLSI) が大型商業衛星打上げ用に開発した2段ロケットで,1段目には 1950年代に ICBMとして活躍したアトラスを使用している。 63年以来,73機の衛星打上げを行なっているが,商業衛星としては 90年7月に放射線影響探査衛星 (CRESS) の打上げに成功している。現在4種類の型があり,2.4~3.8tの衛星を静止軌道に打上げる能力をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android