コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトラスセントールロケット アトラスセントールロケットAtlas Centour Launch Vehicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトラスセントールロケット
Atlas Centour Launch Vehicle

アメリカの商業衛星打上げ会社 (GDCLSI) が大型商業衛星打上げ用に開発した2段ロケットで,1段目には 1950年代に ICBMとして活躍したアトラスを使用している。 63年以来,73機の衛星打上げを行なっているが,商業衛星としては 90年7月に放射線影響探査衛星 (CRESS) の打上げに成功している。現在4種類の型があり,2.4~3.8tの衛星を静止軌道に打上げる能力をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android