アドリース ラティーフ(英語表記)Adrees Latif

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
フォトジャーナリスト ロイター通信

国籍
パキスタン

生年月日
1973年7月21日

出生地
ラホール

学歴
ヒューストン大学(ジャーナリズム)卒

受賞
ピュリッツァー賞(速報写真部門,第92回)〔2008年〕,DAYS国際フォトジャーナリズム大賞(特別賞,第4回)〔2008年〕

経歴
パキスタンで生まれ、アフガニスタンを経て、7歳の時に家族で米国に移住。幼い頃から写真を始める。15歳の時にテキサスの地元紙に売り込んだ高校フットボールの写真が評価され、報道写真の世界に入る。2001年米軍アフガン侵攻を取材し、イラクでは米軍に従軍。フリーを経て、2003年からタイのロイター通信に拠点を置く。2007年9月ミャンマーで反政府デモを取材中に銃殺された日本人映像ジャーナリスト長井健司の最期の瞬間を撮影した写真で、2008年ピュリッツァー賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android