アドルム

百科事典マイペディアの解説

アドルム

催眠鎮静薬。シクロバルビタールカルシウムの商品名。不眠症の治療に用いられるが,習慣性があり,使用には医師の指示が必要。大量にのむと血管運動中枢・呼吸中枢麻痺(まひ)で死亡する。戦後,一時アドルムによる自殺が流行した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アドルム

(Adorm) 短時間型の催眠剤エチルヘキサビタールカルシウムの商標名。白色の粉末で、服用後約三〇分で効き始め、短時間持続する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android