コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレスバー あどれすばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アドレスバー

クイック起動と同様にタスクバー上に表示できるツールバーの1つで、Internet Explorerのアドレス欄とまったく同様に利用でき、ここにURLを入力するとInternet Explorerでそのページが表示される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドレスバー
あどれすばー
address bar

ウェブブラウザなどの表示画面の一番上にある横長の部分。おおむねテキスト1行分のサイズの表示用領域で、アドレス情報や検索ワードの表示・入力などで利用する。
 ウェブブラウザでは、現在表示されているページのURLの表示や、目的のページのURLの直接入力が基本機能になる。アドレスを途中まで入力すると、ユーザー履歴や一般に閲覧回数の多いサイトなどを自動的に参照して目当てのURLを推測して表示したり、閲覧したページをプルダウンメニュー形式で表示するなど、入力補助機能を備えることもある。インターネット上のアドレスをテキストで示しているため、それをコピーして他の人にURLを知らせることもできる。また、ブラウザによっては、設定された検索エンジン用の検索窓として機能する。
 ファイル管理ツールであるエクスプローラーでは、開いているウィンドウがどの階層にあるのか、パソコン内の所在場所を示している。こちらもプルダウンメニューで過去の履歴をたどる機能などがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アドレスバーの関連キーワードセキュリティステータスバーウェブブラウザパソコン用語集ファビコン情報バー名前解決

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android