コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレスバー あどれすばー

3件 の用語解説(アドレスバーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アドレスバー

クイック起動と同様にタスクバー上に表示できるツールバーの1つで、Internet Explorerアドレス欄とまったく同様に利用でき、ここにURLを入力するとInternet Explorerでそのページが表示される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アドレス‐バー(address bar)

ブラウザーで、閲覧しているウェブページURLを表示する欄。ふつう、ブラウザーの上部に位置する。URLバー。ロケーションバー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドレスバー
あどれすばー
address bar

ウェブブラウザなどの表示画面の一番上にある横長の部分。おおむねテキスト1行分のサイズの表示用領域で、アドレス情報や検索ワードの表示・入力などで利用する。
 ウェブブラウザでは、現在表示されているページのURLの表示や、目的のページのURLの直接入力が基本機能になる。アドレスを途中まで入力すると、ユーザー履歴や一般に閲覧回数の多いサイトなどを自動的に参照して目当てのURLを推測して表示したり、閲覧したページをプルダウンメニュー形式で表示するなど、入力補助機能を備えることもある。インターネット上のアドレスをテキストで示しているため、それをコピーして他の人にURLを知らせることもできる。また、ブラウザによっては、設定された検索エンジン用の検索窓として機能する。
 ファイル管理ツールであるエクスプローラーでは、開いているウィンドウがどの階層にあるのか、パソコン内の所在場所を示している。こちらもプルダウンメニューで過去の履歴をたどる機能などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アドレスバーの関連キーワードスクロールバースタートボタンタスクバータスクトレイクイック起動スナックバー進捗バータスクトレージャンプリストライブタスクバー サムネイル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アドレスバーの関連情報