目当て(読み)メアテ

デジタル大辞泉の解説

目標とするもの。目印。「真っ暗で目当てになるものがない」「灯台を目当てに進む」
心の中で目指しているもの。行動のねらい。目的。「目当ての品」「金目当て
物事を行う場合などの基準。見当。「だれに頼めばいいか目当てをつけておく」「就職の目当てがついた」
のねらいを定めるための突起物。照星(しょうせい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目当ての関連情報