コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目当て メアテ

デジタル大辞泉の解説

め‐あて【目当て】

目標とするもの。目印。「真っ暗で目当てになるものがない」「灯台を目当てに進む」
心の中で目指しているもの。行動のねらい。目的。「目当ての品」「金目当て
物事を行う場合などの基準。見当。「だれに頼めばいいか目当てをつけておく」「就職の目当てがついた」
銃のねらいを定めるための突起物。照星(しょうせい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めあて【目当て】

目じるしとして、目をつける所や物。 「看板を-に行く」
事をするときの到達点・基準などとして心に決めていること。 「賞金が-だ」 「五キロを-に減量する」 「お-の品」
照星・照尺など銃砲の照準器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目当ての関連キーワード連れ込み宿・連込み宿二挺立て・二挺立ちガードナー ドゾア心当たり・心当り台風十三号始末記かっぱ橋道具街ポータルサイト捗・果・計・量狙いを付けるチャーニングマネーゲーム探り当てる五大院宗繁茫洋・芒洋行方・行衛目星が付く目に掛ける外国人選手白衣の女御門違い

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目当ての関連情報