コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナフィラトキシン

1件 の用語解説(アナフィラトキシンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アナフィラトキシン

 (1) アナフィラキシーをひき起こす原因物質として血漿中に出現するもの.(2) 補体免疫が活性化され,補体第4成分,第3成分,第5成分が分解活性化されるときにそれぞれから生じる分子量約10kの断片が,肥満細胞に作用してヒスタミンを遊離させ,毛細血管の透過性の亢進,平滑筋の収縮を起こす.この物質をアナフィラトキシンという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナフィラトキシンの関連キーワードアナフィラキシーショックアナフィラキシーショック掻き起す種はひ食物依存性運動誘発アナフィラキシー引起すアナフィラキシー反応全身アナフィラキシーアナフィラキシー様現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone