断片(読み)だんぺん

精選版 日本国語大辞典 「断片」の意味・読み・例文・類語

だん‐ぺん【断片】

〘名〙
① (━する) 一つにまとまっている物をこまかく分かち切ること。
明六雑誌三号(1874)峨国彼得王の遺訓杉亨二〉「隣国妨害を謀るときは波地を断片して彼れに与へ」
② あるまとまったものの一部分。切れはし。
武蔵野(1898)〈国木田独歩〉五「水は清く澄で、大空を横ぎる白雲の断片を鮮かに映してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「断片」の意味・読み・例文・類語

だん‐ぺん【断片】

あるまとまったものの、一部分。きれはし。「記憶の断片をつなぎ合わせる」
[類語]部分箇所かしょところ部位一部一部分局部局所細部一端いったん一斑いっぱん一節いっせつくだりパートセクション切れ切れ端端くれ切片欠けら破片小片一片片端端物瓦礫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android