断片(読み)だんぺん

精選版 日本国語大辞典「断片」の解説

だん‐ぺん【断片】

〘名〙
① (━する) 一つにまとまっている物をこまかく分かち切ること。
※明六雑誌‐三号(1874)峨国彼得王の遺訓〈杉亨二〉「隣国妨害を謀るときは波地を断片して彼れに与へ」
② あるまとまったものの一部分。切れはし。
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉五「水は清く澄で、大空を横ぎる白雲の断片を鮮かに映してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「断片」の解説

だん‐ぺん【断片】

あるまとまったものの、一部分。きれはし。「記憶の断片をつなぎ合わせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android