断片(読み)ダンペン

大辞林 第三版の解説

スル
細かくちぎれた、一片。また、まとまったものの、わずかな一部分。
一つのものを細かく断ちきること。 隣国妨害を謀るときは波地を-して彼れに与へ/明六雑誌 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 一つにまとまっている物をこまかく分かち切ること。
※明六雑誌‐三号(1874)峨国彼得王の遺訓〈杉亨二〉「隣国妨害を謀るときは波地を断片して彼れに与へ」
② あるまとまったものの一部分。切れはし。
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉五「水は清く澄で、大空を横ぎる白雲の断片を鮮かに映してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断片の関連情報