コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透過性 トウカセイ

5件 の用語解説(透過性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうか‐せい〔トウクワ‐〕【透過性】

細胞の原形質膜などの皮膜が、気体・液体・溶質・イオンなどを透過させる性質。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

透過性

 →浸透性

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透過性
とうかせい

ある物質層または膜などが分子やイオンを通過させる性質、または通過させやすさの程度をいう。この程度は速度の次元をもつ係数で表される。分子やイオンにより透過性が異なる性質を選択的透過性という。溶媒、または溶媒と一部の溶質のみを透過させ、他の溶質を通さない場合、半透過性または半透性といい、このような性質をもつ膜を半透膜という。細胞膜の半透性は生物のもっとも基本的な性質の一つである。一般に物質が膜を通って移動するのは、それが非電解質であれば、膜を挟んで存在するその物質の濃度勾配(こうばい)による。またそれがイオンであれば、膜の両側における濃度差と電位差による電気化学ポテンシャルの勾配に従って移動する。一方、生きた細胞の膜は、特定の物質をそのポテンシャルの勾配に逆らって運ぶことができる。その際、アデノシン三リン酸(ATP)の加水分解によって得られるエネルギーが消費される。この能動輸送によって細胞内部のカリウムイオン(K+)の濃度は高く、ナトリウムイオン(Na+)とカルシウムイオン(Ca2+)の濃度は低く保たれる。細胞膜のイオン透過性は、状態によって著しく異なる。静止状態の細胞膜はカリウムイオンに対する透過性が高い。これに対し活動状態ではナトリウムイオンに対する透過性が一時的に高まる。静止膜電位と活動電位の発生は、この膜のイオン透過性およびその変化に対応したものである。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透過性の関連情報