コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナーニ Anagni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナーニ
Anagni

イタリア中西部,ラツィオ州フロジノーネ県,ローマ東南東約 55kmの町。古代ヘルニキ人の町で,前 306年ローマに征服され,9世紀にはサラセン人に奪われた。中世において一時期,ローマ教皇の居住地であったため,ロマネスク様式の大聖堂,ボニファチウス8世館がある。オリーブ油,ワインなど農産物の集散地。人口1万 9304 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アナーニの関連キーワードボニファティウス[8世]ボニファティウス(8世)ベネディクツス11世フィリップ[4世]フィリップ(4世)アレクサンデル4世アビニョン教皇庁アビニョン捕囚フィリップ4世ボニファチウスアナーニ事件カエターニ家コロンナノガレ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android