コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニリン樹脂 アニリンじゅしaniline resin

世界大百科事典 第2版の解説

アニリンじゅし【アニリン樹脂 aniline resin】

アニリンC6H5NH2とホルムアルデヒドHCHOを塩酸の存在下で縮合させてつくられる樹脂。この反応を続けていくと三次元の網目構造が形成されて硬化し,熱硬化性樹脂となる。電気特性にすぐれ,かつては電気絶縁体製品として使用されたが,現在では,エポキシ樹脂やフェノール樹脂にとって代わられている。最近では低分子量の樹脂をつくり,エポキシ樹脂の硬化剤,フェノール樹脂の改質剤などに用いられているにすぎない。【森川 正信

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アニリン樹脂の関連キーワードフェノール樹脂アミノ樹脂