熱硬化性樹脂(読み)ねつこうかせいじゅし(英語表記)thermosetting resin

日本大百科全書(ニッポニカ)「熱硬化性樹脂」の解説

熱硬化性樹脂
ねつこうかせいじゅし
thermosetting resin

合成樹脂プラスチック)を大別したときの称の一つ。熱可塑性樹脂に対する語。熱硬化性とは、ある種の単量体(モノマー)が加熱によって立体的に硬化する性質をいう。熱硬化性樹脂は、できあがるとどんな溶媒にも溶けないし、また加熱しても溶融しない。さらに強く加熱すると熱分解してしまうものである。それは、できあがった高分子構造が立体的(三次元的)に網状化しているからである。

 低分子のときの手が2本ある単量体、たとえばスチレンを考えると、動きやすい二重結合の一つのπ(パイ)結合が開いてラジカルになるが、それは手が2本である。一つの手をAと示せば、2本のものはA―Aであり、手が2本のもの(単量体)を連結していけば線状の重合体(ポリマー)になる。また、テレフタル酸とエチレングリコールとを反応させると、どちらも反応しうる手が2本ずつあるから、やはり線状のポリマーになる。

 いま、一つの物質の手が2本であり、もう一つのものの手が3本のときは分子は立体的に成長していく。このような構造は平面構造にしか書き表せないが、紙面から垂直の方向にも成長していく。この成長の途中で反応系の粘度があがり、不溶化してくる。この不溶化の点をゲル化点とよんでいる。ゲル化点を過ぎると分子内反応がおこり、網状構造を形成する。有効な網状構造の形成によって熱硬化性樹脂の不溶不融化と、機械的強度の増加が伴ってくる。

 熱硬化性樹脂の代表的な樹脂として、フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂エポキシ樹脂、ポリエステル(不飽和ポリエステル)などがある。

[垣内 弘]

『渡辺啓著『文科系のための現代の化学』(1988・日新出版)』『フレッド・W・ビルマイヤー, Jr.著、田島守隆・小川俊夫訳『続・高分子科学教科書 材料・加工・応用編』(1989・東京電機大学出版局)』『伊保内賢編著『エンジニアリングプラスチック活用ノート――高性能素材選択の指針』(1990・工業調査会)』『レイモンド・B・シーモア、チャールズ・E・キャラハー著、西敏夫訳『巨大分子――生活のなかの高分子材料』(1991・マグロウヒル出版)』『R. J. Ehrig編著、プラスチックリサイクリング研究会訳『プラスチックリサイクリング――回収から再生まで』(1993・工業調査会)』『森本孝克著『プラスチックの使いこなし術――材料選定のキーポイント網羅』(1997・工業調査会)』『日本化学会編、今井淑夫・岩田薫著『高分子構造材料の化学』(1998・朝倉書店)』『旭化成アミダス・「プラスチックス」編集部編『プラスチック・データブック』(1999・工業調査会)』『大柳康監修『エンジニアリングプラスチックの成形・加工技術』(2001・シーエムシー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「熱硬化性樹脂」の解説

熱硬化性樹脂
ネツコウカセイジュシ
thermosetting resin

加熱することにより硬化反応が進行し,不溶・不融になる性質をもっている樹脂.フェノール樹脂尿素樹脂メラミン樹脂アルキド樹脂など多官能性の単量体の縮合物とみなされる樹脂がこれに属する.これらの樹脂を成形するには,付加縮合反応を初期の段階にとどめて得られるプレポリマーを,型のなかで加熱して形を与えるとともに,さらに重合反応を進行させて行う.硬化反応によって三次元網目状構造をもつ樹脂になり,剛性,耐熱性,耐溶剤性,形態安定性などがすぐれたものになる.一方,成形のためには,プレポリマーの成形性,硬化温度・時間など,管理されなければならない要因が多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「熱硬化性樹脂」の解説

熱硬化性樹脂
ねつこうかせいじゅし
thermosetting resin

初期重合物を加熱すると架橋反応を起し,三次元網状構造を形成して硬化する樹脂の総称。熱可塑性樹脂に対する。熱硬化性樹脂は架橋すると,もはや加熱しても軟化しなくなる。圧縮成形などによって成形できるが,不良品,スクラップの再生はできない。一般に硬くて強いものが得られ,耐熱性もよいものが多い。フェノール樹脂,尿素樹脂,メラミン樹脂,エポキシ樹脂などがこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「熱硬化性樹脂」の解説

熱硬化性樹脂【ねつこうかせいじゅし】

加熱により網状構造をつくって硬化する性質をもつ合成樹脂の総称。再び熱しても軟化することがない。フェノール樹脂尿素樹脂メラミン樹脂不飽和ポリエステル樹脂エポキシ樹脂ケイ素樹脂など。比較的低分子量の樹脂を加熱・溶融して型に入れ,さらに加圧下に加熱して硬化させ成形品とする。→熱可塑性樹脂
→関連項目合成樹脂ポリウレタン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「熱硬化性樹脂」の解説

ねつこうかせい‐じゅし ネツカウクヮセイ‥【熱硬化性樹脂】

〘名〙 熱硬化性をもつ樹脂。耐熱性に富み、機械的強度が大きい。フェノール樹脂・ケイ素樹脂の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「熱硬化性樹脂」の解説

熱硬化性樹脂

 加熱によって網状の構造が形成され硬化する樹脂.ポリエステル,エポキシ樹脂,尿素樹脂など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「熱硬化性樹脂」の解説

ねつこうかせいじゅし【熱硬化性樹脂 thermosetting resin】

合成樹脂をその化学構造に基づいて大別したときの一つ。熱硬化性,すなわち一度加熱して硬化させるともはや軟化せず,どんな溶媒にも溶けなくなる特性をもつ樹脂の総称で,熱可塑性樹脂に対する。一般に成形は1回しか行えない。すなわち,分子量1000以下の低分子量のものをマトリックスに含浸させるか型にはめ,それを加熱して高分子にすることによって成形品を得る。低分子量のプリポリマーは三つ以上の反応点をもち,それが加熱によって三次元の網状構造を有する不溶不融の高分子になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の熱硬化性樹脂の言及

【合成樹脂】より


[分類]
 合成樹脂の種類は多いが,通常は成形性の面から二つに分けられる。一つは熱硬化性樹脂thermosetting resinであり,他は熱可塑性樹脂thermoplastic resinである。熱硬化性樹脂としては,ホルムアルデヒドで硬化するフェノール樹脂,メラミン樹脂などと,重合などによって硬化する不飽和ポリエステル樹脂,エポキシ樹脂,ポリウレタン樹脂,シリコーン樹脂などがある。…

【高分子】より

…一方,ゴムとしての性質を示す高分子は,分子の形態の変化が起こりやすく,分子間の相互作用が弱いもので,このような分子の間のところどころに結合(橋架け)をつくっておくと,大きい弾性を示すことになる。プラスチック(合成樹脂)は熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂に大別される。前者となる高分子は,常温では固体であるが加熱すると液体となるもので,この液体を適当な形にして冷却すると固化して成形品が得られる。…

※「熱硬化性樹脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報