コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌギーター Anugītā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヌギーター
Anugītā

インドの大叙事詩『マハーバーラタ』中に含まれる4哲学的詩篇の一つ。前 200頃~後 200頃に成立。随歌の意で,第 14巻 16~51章を占め,ビシュヌ神の権化などの問題が論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android