コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌラリア Annularia

世界大百科事典 第2版の解説

アヌラリア【Annularia】

古生代後期の有節植物を代表する蘆木(カラミテスCalamites)の葉に与えられた形態属名。蘆木は現生トクサ類の祖先系の植物で,茎は直径20cmもあり,巨大であった。関節から出る枝も関節をもち,その関節に輪生する葉は単脈で大きさ1~5cmである。植物化石は葉,茎などばらばらに化石となって発見されるために,それぞれ部分ごとに違った名がつけられている。【浅間 一男

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アヌラリアの関連キーワード蘆木類

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android