コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アハマディ Ahmadi

デジタル大辞泉の解説

アハマディ(Ahmadi)

クウェート国東部の都市。首都クウェートの南東約35キロメートルに位置し、ペルシア湾に面する。世界第二位の埋蔵量を誇るガワール油田の積出し港として建設された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アハマディ
あはまでぃ
Ahmadi

アラビア湾(ペルシア湾)岸にあるクウェートの都市。クウェート市の南東約35キロメートルに位置する。人口2万1587(1995)。1938年大規模なブルガン油田が発見され、その石油積出し港として、1946年クウェート石油会社(KOC)によって建設された。同国最大の精製能力(日産30万バレル)を誇る精油所があり、KOCや、その関連会社従業員が多く住む。[原 隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アハマディの関連キーワードクウェート(市)朴 宜春

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android