埋蔵量(読み)まいぞうりょう(英語表記)reserves

世界大百科事典 第2版「埋蔵量」の解説

まいぞうりょう【埋蔵量 reserves】

地殻までの地下に存在する物質の量。通常,資源の量をいい,資源または鉱床の質により,それが金属および石灰石鉱床ならば埋蔵鉱量または単に鉱量石炭ならば埋蔵炭量または単に炭量などという。一方,鉱床とは収益性を伴う鉱物の集合体と定義されているが,市況や技術水準が変われば採算性の算定も変わり,したがって鉱床の定義も一定しなくなる。そこで日本ではJISによって各種鉱物の予想しうる最低採算限界を定め,この最低限界のもとで採算鉱となりうる限界の鉱物群の量を埋蔵量と定義することにしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android