コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋蔵量 まいぞうりょうreserves

世界大百科事典 第2版の解説

まいぞうりょう【埋蔵量 reserves】

地殻までの地下に存在する物質の量。通常,資源の量をいい,資源または鉱床の質により,それが金属および石灰石鉱床ならば埋蔵鉱量または単に鉱量,石炭ならば埋蔵炭量または単に炭量などという。一方,鉱床とは収益性を伴う鉱物の集合体と定義されているが,市況や技術水準が変われば採算性の算定も変わり,したがって鉱床の定義も一定しなくなる。そこで日本ではJISによって各種鉱物の予想しうる最低採算限界を定め,この最低限界のもとで採算鉱となりうる限界の鉱物群の量を埋蔵量と定義することにしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

埋蔵量の関連キーワードシーコワンシャン(錫礦山)オリンピック・ダム鉱山原油・天然ガスの埋蔵量ラトローブ・バリーボルガウラル油田アザデガン油田パドカレー炭田ルマイラ油田ベースメタル南長岡ガス田ガワール油田ブルガン油田西クルナ油田ティンドーフチュメニ油田ユースフィア原始埋蔵量カラジャスミナス油田炭量計算図

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埋蔵量の関連情報