コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバール人 アバールじんAvars; Avaroi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバール人
アバールじん
Avars; Avaroi

中央アジアのモンゴル系遊牧民。中国でいう柔然 (じゅうぜん) ,蠕蠕 (ぜんぜん) にあたるという説もある。5世紀頃西進を始め,6世紀にはドナウ川の中・下流に達し,ビザンチン帝国フランク王国侵入,568年にはパンノニア地方 (現ハンガリー) に侵入,定住し,エルベ川からバルト海にかけて勢力を張った。8世紀末にカルル1世 (大帝) に敗れ,9世紀初めブルガリア人に敗れてから衰え,のちマジャール人と混血して歴史から消えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アバール人の関連キーワードセルギウス[コンスタンチノープル]ユスティニアヌス(1世)ヘラクレイオス(1世)ラスル ガムザートフカルル1世(大帝)ヘラクレイオス朝タッシロ[3世]ランゴバルド王国ユスチニアヌス朝キュステンディルビザンティン帝国チェコスロバキアカール(大帝)ユスチヌス2世ルーマニア史ゲオルギオスベッサラビアベオグラードオーストリアバルカン半島

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android