アパーチャグリル管(読み)あぱーちゃぐりるかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アパーチャグリル管

陰極線管(ブラウン管)の方式のひとつ。シャドウマスク方式の精度を高めたもので、ソニーによって開発された。シャドウマスク方式よりも画像を鮮明に再現する、電子ビームの透過率が高いため、縦方向に色がずれないなどの特長がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android