コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビラ・ヒロン Avila Giron,Bernardino de

朝日日本歴史人物事典の解説

アビラ・ヒロン

生年:生没年不詳
スペイン人貿易商人。文禄3(1594)年,平戸に到着。長崎に居住し,東南アジア方面を往来。慶長12(1607)年には日本に戻り,少なくとも元和5(1619)年までは日本に滞在していたが,その後の消息は不明。彼が執筆した豊臣秀吉から徳川家康のころまでの移り変わる日本の歴史,地理,風俗に関する著作は,内容が豊富であり,宣教師ではない俗人の著述としては,極めて珍しいものである。<著作>佐久間正,会田由,岩生成一訳『日本王国記』<参考文献>岡本良知『キリシタンの時代―その文化と貿易』

(浅見雅一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内のアビラ・ヒロンの言及

【日本王国記】より

…16世紀末に来日したスペイン人アビラ・ヒロンが書いた日本記。アビラ・ヒロンは長崎を中心に東南アジア方面で活躍した貿易商人で,1619年(元和5)3月ごろまで20余年,長崎に滞在したことがわかる。…

※「アビラ・ヒロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アビラ・ヒロンの関連キーワード原田喜右衛門石川五右衛門佐久間 正ナバレテモレホン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android