コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本王国記 にほんおうこくき

世界大百科事典 第2版の解説

にほんおうこくき【日本王国記】

16世紀末に来日したスペイン人アビラ・ヒロンが書いた日本記。アビラ・ヒロンは長崎を中心に東南アジア方面で活躍した貿易商人で,1619年(元和5)3月ごろまで20余年,長崎に滞在したことがわかる。本書は23章からなり,最初の3章は日本総記として,彼の長年の日本見聞,体験をもとに日本社会一般が扱われており,当時の状況をよく伝えている。とくに貿易,取引関係の記述は重要である。4~5章は彼の来日前の日本の歴史で,三好長慶の上京から織田信長,豊臣秀吉らによって天下統一されてゆく過程が描かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本王国記の関連キーワードワレニウス(地理学者)アビラ=ヒロンアビラ・ヒロン原田喜右衛門石川五右衛門佐久間 正モレホンナバレテ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android