コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本王国記 にほんおうこくき

1件 の用語解説(日本王国記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんおうこくき【日本王国記】

16世紀末に来日したスペインアビラヒロンが書いた日本記。アビラ・ヒロンは長崎を中心に東南アジア方面で活躍した貿易商人で,1619年(元和5)3月ごろまで20余年,長崎に滞在したことがわかる。本書は23章からなり,最初の3章は日本総記として,彼の長年の日本見聞,体験をもとに日本社会一般が扱われており,当時の状況をよく伝えている。とくに貿易,取引関係の記述は重要である。4~5章は彼の来日前の日本の歴史で,三好長慶の上京から織田信長豊臣秀吉らによって天下統一されてゆく過程が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本王国記の関連キーワードアビラエスコリアルコンキスタドールスパニッシュ南蛮人アビラ大聖堂組曲「スペイン」アビラ=ヒロン曇慧ナバレテ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone