平戸(読み)ひらど

精選版 日本国語大辞典 「平戸」の意味・読み・例文・類語

ひらど【平戸】

[1] 長崎県北部の地名。平戸島全域と度島(たくしま)、高島などから成る。海岸線は屈曲多く良港に富み、古来中国、朝鮮との交通の寄港地となる。鎌倉時代以後、松浦(まつら)氏の城下町となり、天文一九年(一五五〇)のポルトガル船入港以来、江戸時代の鎖国まで貿易港として繁栄。オランダイギリス商館跡、キリシタン遺跡など史跡に富む。昭和五二年(一九七七平戸大橋が開通し、九州本土と結ばれた。同三〇年(一九五五)市制。
[2] 〘名〙
① (もと南蛮から伝えられて平戸島で製したもの) 金線・銀線を種々に組んで編んだ細工物。平戸細工
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「根附が象牙に銀の鏡蓋で緒〆が平戸(ヒラト)で」
※茶家酔古襍(1841‐48)一「小眼絵唐津辻平戸等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「平戸」の意味・読み・例文・類語

ひらど【平戸】

長崎県北部の市。北松浦半島の一部と平戸島生月いきつき的山あづち大島などからなる。もと松浦氏の城下町で、古くから中国大陸との交易の根拠地。鎖国まではオランダ・イギリスなどとの貿易港として栄えた。平成17年(2005)10月、大島村・生月町・田平町と合併。人口3.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「平戸」の解説

平戸
ひらど

中世よりみえる地名。「和名抄」に記される松浦まつら庇羅ひら郷のあった庇良ひら島のうち、平戸瀬戸をやくす地勢上の重要さからか、その北西部を称する地名であったとみられるが、鎌倉期以降はこれが島名ともなったらしい。安貞二年(一二二八)三月一三日の関東裁許状案(青方文書、以下断りのない限り同文書)に引く寿永二年(一一八三)三月二二日の清原三子譲状案に「平戸」とみえ、当時の表記であるとすれば、平安末期には平戸と記されていたことになる。平氏にあやかって庇羅戸などを改め、佳字とした可能性も指摘されている。

〔平戸松浦氏〕

松浦氏の一族のうち宇野うの御厨執行の松浦直の子の披を始祖とする峰氏は、平戸を拠点としてのち平戸松浦氏として勢力を伸ばしていくが、峰氏の有力な所領となる小値賀おぢか(五島を含む広範囲の通称)の地頭職について、峰氏以前から相論があった。同島の本領主とされる清原是包が領家から勘当されて没収され、その後を直が引継いだという。直は寿永三年子息の連に同島を譲ったが(安貞二年三月一三日関東裁許状案)、連は是包の甥の尋覚と相論になり、建久七年(一一九六)尋覚の地頭職補任が認められたあとも(同年七月一二日前右大将家政所下文案)、なお紛争が続いていた。尋覚は承元二年(一二〇八)同職を嫡子の藤原通澄(通高)に譲与し、次男の家高に同島のうち浦部うらべ(中通島)を譲り(同年二月日尋覚譲状案)、家高はのち青方氏を称した。しかし建保七年(一二一九)連は甥の持を嫡子とし、小値賀島を相伝の所領として譲っている(同年六月三日松浦定西譲状案)。しかも承久元年(一二一九)持は藤原通澄から小値賀島の地頭職を譲られ、親子の契を結んでおり(同年一一月二日藤原通澄譲状案)、ここにいたって峰氏の小値賀島支配の根拠が成立する。

しかし、是包の姪で直の妻である清原三子が小値賀島の知行を主張、三子の孫山代固が論人として召文を受けながら参上しなかったらしく、承久三年峰持があらためて安堵された(同年五月二六日関東下知状案)。なおも山代固の押領が続いたため、安貞二年その知行停止を内容とする関東の裁許が出されたが、これは是包以来の経緯を詳細に記すもので、是包の勘当は高麗船を移すなど狼藉をはたらいたことに起因し、また清原三子は、別れた夫源(松浦直)が養子とした連は「平戸蘇船頭後家」の連れ子つまり宋人の子であるといっており(安貞二年三月一三日関東裁許状案)、すでに海洋を舞台とする平戸の性格がうかがえる。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「平戸」の意味・わかりやすい解説

平戸[市] (ひらど)

長崎県北西端,平戸島,生月(いきつ)島,的山大島(あずちおおしま)などからなる市。2005年10月旧平戸市と生月町,田平(たびら)町および大島村が合体して成立した。人口3万4905(2010)。

平戸市北端,平戸島の北方約15kmに浮かぶ島。面積15.1km2。1島で北松浦郡の旧大島村をなし,人口1785(2000)。リアス式海岸が発達し,的山,神浦(こうのうら)などの良港をつくり,的山港は遣唐使船の寄港地として知られ,江戸時代には捕鯨,明治以降はイワシ漁などで活況を呈した。現在は一本釣りと定置網,ヒラメ,トラフグ,ハマチなどの養殖漁業が中心である。平たん地に恵まれず,わずかに玄武岩台地を刻む河谷に水田が,台地上には段畑が開かれ,肉用牛の飼養が行われる。

平戸市北西部,平戸島の北西に浮かぶ南北に細長い島。面積16.5km2。1島で北松浦郡の旧生月町をなし,人口7934(2000)。基盤は第三紀層で,その上に玄武岩の溶岩台地がのる。西海岸の玄武岩の柱状節理が露出する断崖は壮観である。東部の第三紀層と玄武岩の境界には湧水帯があり,これに沿って集落と水田が開かれている。島は江戸時代に西海捕鯨の基地として栄えたが,その後イワシ揚繰(あぐり)網の導入,アジ・サバ大型きんちゃく網を経て,現在は大型まき網船団を編成して東シナ海,北海道,三陸沖合などへ出漁し,漁業が町の経済の90%を占める。また隠れキリシタンの農業集落があり,キリスト教弾圧以来の数多くの史跡と風習が残る。西海国立公園に含まれ,観光資源は豊富で,平戸島とを隔てる700mの辰ノ瀬戸(生月瀬戸)に1991年生月大橋が架けられ,平戸大橋を経て長崎県本土と陸路で結ばれた。
執筆者:

平戸市北東部の旧町。旧北松浦郡所属。人口7967(2000)。北松浦半島の北西端に位置し,東は松浦市に接し,北は玄界灘に臨む。西には平戸大橋(1977完成)があり,対岸の平戸島と結ばれる。松浦鉄道線たびら平戸口駅周辺が中心集落で,国道204号線が通る。農業が主産業で,北部はタマネギなどの野菜栽培を中心とし,南部ではミカン栽培が盛ん。全町的に畜産が行われ,県営種畜場(現,長崎県肉用牛改良センター)がある。田平・釜田両港はイワシ,アジなどを水揚げする。南部は西海国立公園に属し,中瀬高原を含む北部海岸は北松県立自然公園に指定され,塩俵には柱状節理がみられる。里免に縄文晩期および弥生中期の里田原(さとたばる)遺跡がある。
執筆者:

平戸市中南部の旧市。平戸島全域,度(たく)島,高島,そして常住者のいない多くの島々を市域とする。1955年平戸町と中野,獅子(しし),紐差(ひもさし),中津良(なかつら),津吉,志々伎(しじき)の6村が合体,市制。人口2万3900(2000)。市の中心,平戸島北東端の旧平戸町には1607年(慶長12)亀岡城(平戸城)が築かれ,近世は松浦(まつら)氏の城下町で,天然の良港をもち,古代から中国,朝鮮などとの海上交通の要地であった。主産業は農漁業で,米作を中心にタバコ栽培,平戸牛として知られる肉牛の飼育,養豚などが行われる。水産業は一本釣りを主とする零細な沿岸漁業が多く,平戸瀬戸のアゴ(トビウオ)漁も有名で,干しアゴは川内(かわち)浦の川内かまぼことともに特産品である。

 旧平戸町に亀岡城跡,常灯(じようとう)の鼻とよばれる灯台跡の石垣などが残る平戸オランダ商館跡(史),1702年(元禄15)に築かれた石造アーチ橋の幸(さい)橋(オランダ橋。重要文化財)などがあり,また平戸港の外港であった川内浦には日本最初というサツマイモ畑跡がある。また紐差をはじめ隠れキリシタン集落も多く,カトリックの天主堂が散在する。南西部の阿値賀(あじか)島(天)は上下2島からなり,南方系島嶼(とうしよ)植物群の北限で,壮大な柱状節理の断崖もみられる。平戸瀬戸北部の黒子島は全島が照葉樹の原始林(天)におおわれる。すぐれた自然景観とキリシタン遺跡により市の一部は西海国立公園に指定されている。1977年には対岸の田平町(現,平戸市)との間の平戸瀬戸に平戸大橋が架けられ,国立公園の北の玄関口として多くの観光客が訪れる。国道383号線が島内を南北に縦断し,松浦鉄道たびら平戸口駅(旧田平町)からバスが通じる。
執筆者:

平戸は堺,博多から中国への航路にあったため,遣唐使の時代から寄港する船が多く,その名は中国に知られていた。明末には中国人海賊が来住し,平戸を根拠地として活動した。松浦氏が平戸に移ったのは持(たもつ)の代といわれるが,隆信のとき,豊臣秀吉の九州鎮定の際,所領を安堵(あんど)され,その後の繁栄の基礎を築いた。1550年(天文19)フランシスコ・ザビエルが鹿児島から東上の途中,平戸に立ち寄って布教し,同年ポルトガル船が初めて平戸に来航した。キリシタンがしだいに増加すると,仏教徒との間の対立が激しくなり,藩主は貿易の継続を切望したが,一方キリシタンに対する態度は動揺していたため,宣教師はこれを不満として,船を大村領に向かわせたこともたびたびあった。65年(永禄8)ポルトガル船を入港させようとした平戸の船に死傷者二百数十人が出た事件が起こり,その後ポルトガル船の平戸来航はやんだ。

 84年(天正12)スペイン船が平戸に漂着したのを機会に,松浦鎮信はスペインの宣教師に手紙を送り,貿易船の来航を求めたが実現しなかった。しかし豊後に漂着したオランダ人が1605年帰国の際,鎮信は船を建造して与えたため,オランダ船はこれに感謝して09年平戸に来航し,ここに商館を開いた。13年にイギリスも商館を設けたが,オランダとの競争に破れ,23年(元和9)には去った。オランダ貿易は,当初は小規模であったために上方の商人は長崎に集まり,平戸に立ち寄る人はまれであった。しかし長崎のポルトガル人の生糸輸入量が減るにつれて,平戸でのオランダ貿易の重要性が増し,39年(寛永16)ころ平戸の貿易はその最盛期を迎えた。藩主は直接貿易に参加し,商館から多額の借金をして,オランダ商館は藩財政を潤した。41年,商館が長崎出島に移転を命ぜられ,鎖国体制が完成すると,平戸の輝かしい時代は終わり,平戸藩の城下町として明治に至った。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「平戸」の解説

平戸
ひらど

長崎県北部に位置し,平戸島・度(たく)島からなる。古代から海上交通の要地で,遣唐使は庇良(ひら)島(平戸島)を寄港地として利用。中世には松浦(まつら)党の諸氏が勢力をふるい,16世紀の倭寇の拠点ともなった。1550年(天文19)ザビエルが布教を行い,近世の禁教令以後も多くの信者が潜伏キリシタンとなった。松浦氏平戸藩の城下町で,近世初期にはオランダ貿易の窓口。1955年(昭和30)6村を合併し市制施行。77年平戸大橋が開通し,対岸の田平町と陸上交通で結ばれた。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「平戸」の解説

平戸
ひらど

長崎県の北西端にある港
古来,朝鮮・中国との海上交易の基地となっており,松浦氏の下で繁栄し,1550年にザビエルの布教以後はキリシタンが増加した。また,ポルトガル・オランダ・イギリスとの交易が行われ,特に江戸時代初期にはオランダとの交易で藩財政は潤った。しかし,オランダ商館の長崎出島移転後には,かつての繁栄は失われた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「平戸」の解説

平戸
ひらど

長崎県北西部,平戸島にある中心港市
古くからの貿易港で,遣唐使船の寄港地でもあったが,1550年ポルトガル船の入港以来,領主松浦 (まつら) 氏の保護により,対外貿易の一大中心地となった。1641年オランダ商館の長崎移転後は衰退し,単なる漁港となる。1955年市制を施行。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の平戸の言及

【長崎貿易】より

…(1)南蛮貿易期 開港後まもなく,一時イエズス会領になったので(1580),それまで九州各地に渡来したマカオからのポルトガル船や,マニラ発のスペイン船は長崎に集中するようになり,江戸時代に入ると唐船(江戸時代には明,ついで清朝船だけでなく,東南アジア各地からのジャンクもそうよばれた)の入港も急増し,さらに朱印船の中心的な発着港として栄えた。これに対し後発のオランダ,イギリスは,それぞれ1609年(慶長14),13年に平戸に商館を建てて日本貿易を開始した。平戸は中世以来の唐船貿易の一大根拠地でもあったが,直轄地長崎での糸割符制,キリシタン禁制を柱とする内外商人規制は,しだいに平戸へも拡大された。…

【肥前国】より

…竜造寺氏の勢力は衰退し,代わって鍋島氏,松浦氏,大村氏,有馬氏などが戦国大名として肥前国の覇を争うことになった。
[キリシタン大名]
 1550年(天文19)6月ポルトガル船が平戸に入港したのを契機として,肥前国各地(主として現在の長崎県下)にヨーロッパ船が入港し,戦国大名との間で貿易を行い,鉄砲をはじめとする新兵器を提供した。またフランシスコ・ザビエルが50年8月平戸に立ち寄りキリスト教を布教したので,松浦,大村,有馬氏領内には多くのキリスト教信者が生まれた。…

※「平戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android