平戸(読み)ひらど

精選版 日本国語大辞典「平戸」の解説

ひらど【平戸】

[1] 長崎県北部の地名。平戸島全域と度島(たくしま)高島などから成る。海岸線は屈曲多く良港に富み、古来中国、朝鮮との交通の寄港地となる。鎌倉時代以後、松浦(まつら)氏の城下町となり、天文一九年(一五五〇)のポルトガル船入港以来、江戸時代の鎖国まで貿易港として繁栄オランダイギリス商館跡、キリシタン遺跡など史跡に富む。昭和五二年(一九七七平戸大橋が開通し、九州本土と結ばれた。同三〇年(一九五五)市制。
[2] 〘名〙
① (もと南蛮から伝えられて平戸島で製したもの) 金線・銀線を種々に組んで編んだ細工物。平戸細工。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「根附が象牙に銀の鏡蓋で緒〆が平戸(ヒラト)で」
※茶家酔古襍(1841‐48)一「小眼絵唐津辻平戸等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「平戸」の解説

平戸
ひらど

長崎県の北西端にある港
古来,朝鮮・中国との海上交易基地となっており,松浦氏の下で繁栄し,1550年にザビエルの布教以後はキリシタンが増加した。また,ポルトガル・オランダ・イギリスとの交易が行われ,特に江戸時代初期にはオランダとの交易で藩財政は潤った。しかし,オランダ商館の長崎出島移転後には,かつての繁栄は失われた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「平戸」の解説

ひらど【平戸】

長崎県北部の市。北松浦半島の一部と平戸島生月(いきつき)島・的山(あづち)大島などからなる。もと松浦氏の城下町で、古くから中国大陸との交易の根拠地鎖国まではオランダ・イギリスなどとの貿易港として栄えた。平成17年(2005)10月、大島村・生月町・田平町と合併。人口3.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「平戸」の解説

平戸
ひらど

長崎県北西部,平戸島にある中心港市
古くからの貿易港で,遣唐使船の寄港地でもあったが,1550年ポルトガル船の入港以来,領主松浦 (まつら) 氏の保護により,対外貿易の一大中心地となった。1641年オランダ商館の長崎移転後は衰退し,単なる漁港となる。1955年市制を施行

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の平戸の言及

【長崎貿易】より

…(1)南蛮貿易期 開港後まもなく,一時イエズス会領になったので(1580),それまで九州各地に渡来したマカオからのポルトガル船や,マニラ発のスペイン船は長崎に集中するようになり,江戸時代に入ると唐船(江戸時代には明,ついで清朝船だけでなく,東南アジア各地からのジャンクもそうよばれた)の入港も急増し,さらに朱印船の中心的な発着港として栄えた。これに対し後発のオランダ,イギリスは,それぞれ1609年(慶長14),13年に平戸に商館を建てて日本貿易を開始した。平戸は中世以来の唐船貿易の一大根拠地でもあったが,直轄地長崎での糸割符制,キリシタン禁制を柱とする内外商人規制は,しだいに平戸へも拡大された。…

【肥前国】より

…竜造寺氏の勢力は衰退し,代わって鍋島氏,松浦氏,大村氏,有馬氏などが戦国大名として肥前国の覇を争うことになった。
[キリシタン大名]
 1550年(天文19)6月ポルトガル船が平戸に入港したのを契機として,肥前国各地(主として現在の長崎県下)にヨーロッパ船が入港し,戦国大名との間で貿易を行い,鉄砲をはじめとする新兵器を提供した。またフランシスコ・ザビエルが50年8月平戸に立ち寄りキリスト教を布教したので,松浦,大村,有馬氏領内には多くのキリスト教信者が生まれた。…

※「平戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android