コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブビル遺跡 アブビルいせきAbbeville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブビル遺跡
アブビルいせき
Abbeville

フランスのソンム河口近くにあるアブビル文化の標準遺跡。アブビル文化は前期旧石器時代前葉の文化で,粗雑な加工の握斧が特徴となっているが,アブビル文化という言葉は,ヨーロッパ以外では次第に使われなくなっている。シェール文化とも呼ばれたが,現在では握斧をもつ文化をアシュール文化と総称している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブビル遺跡の関連キーワードヨーロッパ考古学

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android