コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブビル Abbeville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブビル
Abbeville

フランス北部,ソンム県ソンム川下流沿岸にある都市。 17世紀以来のカーペット製造のほか,精糖,醸造,繊維,金属の工業がある。市の起源は9世紀にさかのぼるが,15~17世紀の後期ゴシック様式の聖ビュルフラン聖堂と 13世紀の塔をもつ市庁舎が有名。人口2万 4588 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android