コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラツツジ(油躑躅) アブラツツジEnkianthus subsessilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラツツジ(油躑躅)
アブラツツジ
Enkianthus subsessilis

ツツジ科の落葉低木。本州中部以北の山地に生え,高さ1~3mになる。幹は平滑,灰色で,枝は細長い。葉は枝先に輪生し,薄質で縁に細鋸歯がある。葉の表面は脈上に毛があり,裏面は光沢があり油を塗ったようなのでこの名がある。6~7月,枝先に総状花序を下垂し,緑白色花をつける。は小型で淡緑色,5深裂する。花冠は長さ 5mm以下の壺状で口が5浅裂し,裂片は披針形でそり返る。果は光沢ある赤褐色の球形で下垂する。この枝を束ねてほうきとするので,ハハキ (箒) ドウダン,ハハキヤシオともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android