コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツジ科(読み)ツツジか(英語表記)Ericaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツツジ科
ツツジか
Ericaceae

双子葉植物ツツジ目の1科。約 50属 1500種が広く世界の温帯,寒帯に分布する。常緑または落葉性の木本で,葉は一般に互生し,例外的に対生または輪生葉をもつものがある。花は鐘形または壺形の合弁花冠をもつが,ホツツジ属 Tripetaleiaのように離弁花をつける例もある。花が美しいので園芸品種となっているものが多い。また高山帯に生じて代表的な高山植物とされるものも多く,ツガザクラ (栂桜) ヒメシャクナゲ (姫石南花) コケモモ (苔桃) などの諸属がその例である。エリカ属は西ヨーロッパと南アフリカに種類が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツツジ科
つつじか
[学]Ericaceae

双子葉植物、合弁花類。高木または低木。葉は単葉で互生するが、対生または輪生のものもあり、常緑または落葉性。花は両性で、まれに単性のものもある。一般に5数性で放射相称であるが、3~7数性で左右相称のものもある。雄しべは普通5本または10本。子房は上位または下位で一般に5室からなり、多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)または液果で、多くの小さな種子がある。世界の熱帯から寒帯に広く分布し、約50属1400種知られるが、オーストラリアにはほとんどみられない。酸性土壌を好む傾向が強く、岩地や風当りの強い場所に生えるものが多い。変異が多く、4亜科に分類される。
 ツツジ亜科は5個の胎座がそれぞれ2裂し、胎座全体に胚珠がつく。雄しべは付属体がない。離生する3枚の花弁があるホツツジ属、花冠が鐘形のツツジ属(サツキなど)、筒形のツガザクラ属などがある。イワナシ亜科は果期に胎座が肥厚して液質になるのが特徴で、イワナシ属のみからなる。スノキ亜科は5個の胎座は2裂せず、普通は上半部のみに胚珠がつき、雄しべは背面に付属突起があるか、葯(やく)の先が細く伸びる。ドウダンツツジ属(サラサドウダンなど)、ヒメシャクナゲ属、シラタマノキ属、ネジキ属、アセビ属、スノキ属など多くのものがこの亜科に入る。エリカ亜科の花は一般に4数性、雄しべには普通はリボン状の付属体がある。エリカ属、カルーナ属があり、ヨーロッパ北部のヒース草原の主要植物である。
 ツツジ、シャクナゲ、カルミアなど多くの園芸植物がある。またスノキ属の果実からはジャムをつくり、ウワウルシは薬用として知られるなど有用植物も多い。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツツジ科の言及

【ツツジ(躑躅)】より

…ツツジ科ツツジ属の低木または高木。葉は常緑または落葉性で互生し,鋸歯がなく,先端に水孔がある。…

※「ツツジ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツツジ科の関連情報