コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルアスワド Abū al‐Aswad

1件 の用語解説(アブー・アルアスワドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルアスワド【Abū al‐Aswad】

?‐681ころ
アラブのドゥイル族出身の詩人。第4代正統カリフアリーによりバスラ裁判官に任じられ,シッフィーンの戦に参加した。総督ジヤード・ブン・アビーフの命令を受けて,コーランを正しく読むための独自の母音表示法を考案し,やがて塾を開いてアラビア語の文法を教えるようになった。このため彼はアラビア語の文法学の祖と見られるにいたった。彼の母音符号は文字の上下に点を打つやり方で,現在のものとは異なる。【池田 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・アルアスワドの関連キーワード日本書紀サンダーバード上毛野三千飛鳥浄御原令アガト近江令浄御原律令古事記神鉄粟生線国内における絞首刑

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone