コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルアスワド Abū al‐Aswad

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルアスワド【Abū al‐Aswad】

?‐681ころ
アラブのドゥイル族出身の詩人。第4代正統カリフ,アリーによりバスラの裁判官に任じられ,シッフィーンの戦に参加した。総督ジヤード・ブン・アビーフの命令を受けて,コーランを正しく読むための独自の母音表示法を考案し,やがて塾を開いてアラビア語の文法を教えるようになった。このため彼はアラビア語の文法学の祖と見られるにいたった。彼の母音符号は文字の上下に点を打つやり方で,現在のものとは異なる。【池田 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブー・アルアスワドの関連キーワード日本書紀サンダーバードセンナケリブアガト上毛野三千飛鳥浄御原令文武王イスペリフエサルハッドンコンスタンチヌス4世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android