コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・アルアスワド Abū al‐Aswad

1件 の用語解説(アブー・アルアスワドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブー・アルアスワド【Abū al‐Aswad】

?‐681ころ
アラブのドゥイル族出身の詩人。第4代正統カリフアリーによりバスラ裁判官に任じられ,シッフィーンの戦に参加した。総督ジヤード・ブン・アビーフの命令を受けて,コーランを正しく読むための独自の母音表示法を考案し,やがて塾を開いてアラビア語の文法を教えるようになった。このため彼はアラビア語の文法学の祖と見られるにいたった。彼の母音符号は文字の上下に点を打つやり方で,現在のものとは異なる。【池田 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブー・アルアスワドの関連キーワードキンディーアルマトゥイアングロアラブイブンハルドゥーンドゥイットユアセルフ聖ドゥイェ大聖堂アドゥイゲトゥイション軽種(馬) (light breed horse)アングロ・アラブ(アア)種 (Anglo-Arab, Anglo-Arabian)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone